にきび痕一覧

にきびとにきび痕について

どういう肌のトラブルをにきびと呼ぶのでしょうか。にきびは医学的には尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)と呼ばれています。実は、よくいわれるような20歳過ぎたら吹き出物というわけではありません。尋常性座瘡が出来る条件が揃えば、年齢に関係なく発症しますから10代でも40代でもにきびは出来るのです。にきびに悩む方は大変多く、それと同じ位ににきび痕を治したいと希望する人も多いのです。大きく分別すると、にきび痕は2種類になります。

にきび痕が陥没して肌表面がデコボコしている状態が、まず1つ目です。にきび痕はアクネスカーとも呼ばれ、細菌の増殖によって炎症が起きてしまった、赤にきび以降の段階で形成される事がほとんどです。なかでも膿胞や膿腫に迄進行して、これを気にしてつぶしてしまうと、にきび痕が皮膚に残りやすくなります。ケロイドやクレーターの様になってしまうこともあるでしょう。にきび痕は治りにくいものです。ときには一生残ってしまう事もあるかもしれません。

加えて2つ目のにきびの痕は、にきびの後遺症といえるものでにきびの痕に出来る色素沈着です。これはシミの様に色素沈着している状態です。色素沈着とはシミの事です。色素沈着はにきびばかりでなく、炎症を起こした部分に出来やすく、これを炎症後色素沈着といいます。ということは、気をつけなければならないのは、傷が出来た痕や化粧品や薬品によってかぶれが生じた後にも、シミが残ってしまう事があるということです。

続きを読む

背中にきび跡の治療法

にきび跡が背中にできてしまったときは、どのように治療したら良いのでしょうか。治療のひとつとして、イオン導入を取り入れたものがあります。これは針を使わない注射で行う背中のにきび跡の治療法です。このイオン導入は最近話題になっています。イオンを導入すると、通常より多くビタミンCをにきび跡に対して浸透させることができるのです。これによりメラニンの生成を抑えることができ、背中のにきび跡を取ることも可能です。

さらに色素沈着を防止しして、背中にきびの炎症を抑えてます。ですからにきび跡の治療には大変有効なものであるといえます。また微弱な電流を流すことでビタミンやプラセンタを皮膚の深い部分まで浸透させていき、背中にきび跡のしみやしわまで改善できるといいます。このイオン導入の治療法でにきび跡の無いきれいな背中を取り戻すことができるのではないでしょうか。このほかレチノイン酸を使う治療法も背中にきび跡の治療法のひとつです。

肌の細胞を活性化させてターンオーバーを促す働きがあるのがレチノイン酸です。これはビタミンÅ誘導体の一種です。コラーゲンの生成も促すレチノイン酸のおかげで、新しい細胞が生成され背中のにきび跡を押上げてくれますので、背中にきび跡がうまく治療できるのだといえます。最近ますます背中にきび跡の治療は進化していますので、悩んでいる人は一度いろいろとやってみることをおすすめします。

続きを読む

背中のにきび跡が残る原因

背中ににきびができてしまったときに十分にケアをせずに悪化させてしまうと、その後にきび跡として残ってしまうことがあります。にきびがひどくなってしまうことが、にきびの跡の残る原因です。これはにきびができてしまったときにきちんとケアをしなかったことによるものです。さらに顔と違ってよく見えない背中のにきびはできていることがわかりにくいものです。できているのがわからないまま放っておいてしまって、それが悪化するのです。

その結果にきび跡が背中に残ってしまうということが多々あるのです。にきび跡ができてしまう要因のひとつに、背中ににきびができてしまったときに潰してしまうということもあげられるでしょう。にきびを潰してしまう前に治療して、にきびの跡を残さないようにしましょう。肌に色素沈着が残ったり凸凹のクレーターが残ったりすることがあります。これが背中のにきび跡の具体的な症状なのです。

背中にきびの炎症がクレーター状態のにきび跡の場合は角質層の真皮層やその下の組織にまでも及んでしまっているものです。背中にきびが重症化してダメージを受けると回復するのが難しくなってしまいます。真皮まで傷ついているからです。そのためにきび跡は一生残ってしまう可能性があるものです。にきび跡を残さないためにも背中ににきびができてしまった場合は早めに適切な治療をするようにすることをおすすめします。

続きを読む

にきびとにきび痕(跡)の原因と対策

にきびが出来る原因は何かというと、にきびは皮膚の毛穴に皮脂等が詰まってしまう事です。それだけではなくにきびの周囲が赤く腫れたり細菌感染して膿んでくる事もあるからです。これによ痛みを感じることもあるようです。まずにきびの体の中からの原因としてあげられるのは、ホルモンバランスの変化、睡眠不足や夜更かし、偏食、ストレスなどです。にきびの外因性原因としては、肌に合わない化粧品の使用、皮脂や汗等の汚れ、活性酸素があげられます。その他のにきびが出来る原因としては、乾燥や薬の使用もあげられます。ただ1つの原因によってではなく、いくつもの原因が重なり合って出来る場合が多いのがにきびというものです。できる要因となる様々な原因を把握して、きちんと対策を立てないと、にきびやにきび痕の予防や改善は難しくなってしまいます。

にきびやにきび痕の対策が自分でできるものがあります。それは正しい洗顔法を身につけるということです。余分な皮脂を取り除くのと同時に、ぬるめのお湯でメイクや汚れをしっかり落としましょう。さらに綺麗なシャワーの水を使って洗顔料をしっかりと洗い流してください。やってはいけないのが、強い刺激をゴシゴシこすったりして加えることです。拭くときは清潔なタオルを使うようにしてください。自分に合った化粧品を使用することも、自分で出来るにきびやにきび痕の対策方法です。正しい化粧品での肌のケアが綺麗に洗顔した後には不可欠です。

自分の肌質に合った化粧水や乳液等物選び、基礎化粧品も汗をかきやすい夏と乾燥しやすい冬とでは変えるといった細かい工夫が必要ではないでしょうか。化粧品に含まれる成分には、にきびやにきび痕の形成を促す様なもの含まれています。また肌にとってはファンデーションは汚れですから、にきびやにきび痕の発症を促進し、悪化させてしまうこともあるかもしれません。化粧が原因でにきびやにきび痕が出来てしまう事もあるので、自分の肌に合った化粧品を使用するようにしましょう。

続きを読む

サイトTOPへ